メゾネットのお部屋編【TJK箱根の森2018年7月宿泊記】

TJK箱根の森に初潜入してきました(2018年7月中旬)。

今回は、お部屋について書きたいと思います。

※TJK箱根の森は、東京都情報サービス産業健康保険組合の保養所のため、関係者しか泊まることのできない施設となっています。

場所

電車で行く場合は、箱根登山鉄道「彫刻の森」駅から徒歩10分程度です。

駅を出たら左に進み、踏切を渡り、右にまっすぐ進むと到着です。

今回はガラスの森から施設めぐりバスで向かったため、「二の平」というバス停から向かいました。

うかいの株主優待券を使い今年2回目のガラスの森美術館に行ってきました(2018年7月中旬)。今回はパスタセット2つ(ジェノベーゼ・プチトマト)とデザートセット(ガトーショコラ)にしました。

TJK箱根の森入口

TJK箱根の森入口

噂通り広い…。

そして、きれいです。

箱根には何度もきたことがありますが、彫刻の森の奥にこんな保養所があったなんて全然知りませんでした。

お部屋タイプ

TJK箱根の森は全53室あり、予約時に風呂付きタイプか風呂なしタイプだけ選択することができます。

風呂付きタイプのお部屋は何種類かありますが、お部屋の指定をすることはできないので当日のお楽しみです。

ちなみに料金はどのお部屋でも同じです。

全53室・最大186名
和室、洋室、和洋室(風呂付きタイプ) 3・4・7名用
メゾネット(風呂付きタイプ) 5人用
洋室(風呂なしタイプ) 3人用
バリアフリールーム(風呂付きタイプ) 2人用

メゾネット(風呂付きタイプ)

今回は風呂付きタイプを3名で予約しました。

この日は満室だったし、ベッドが3台並んでいる洋室かなと思っていたら、5階のメゾネットタイプのお部屋でした。

■後日、宿泊した洋室(風呂付きタイプ)はこちらから↓

TJK箱根の森に約半年ぶり2回目の潜入です(2019年1月上旬)。予約時に風呂付きタイプか風呂なしタイプを選択することができます。今回は、洋室(風呂付き)のお部屋に宿泊してきました。

お部屋に向かう廊下もきれいです。

TJK箱根の森廊下

玄関も広い…

TJK箱根の森玄関

スポンサーリンク


お部屋に入ると…

TJK箱根の森客室1階

1階は広い和室です。

TJK箱根の森客室1階

部屋からの眺めはこんな感じ。

TJK箱根の森窓

TJK箱根の森窓

2階に上がる階段の下に、冷蔵庫と押入れがあります。

TJK箱根の森客室階段

押入れには布団が3組。

TJK箱根の森押入れ布団

保養所なので、布団は自分たちで敷きます。

冷蔵庫の中身は基本空っぽですが、サービスのお菓子が3個入ってました。

TJK箱根の森冷蔵庫中

冷蔵庫から出したお菓子です。

TJK箱根の森お菓子

売店でも販売しているあまなつゼリーでした。

ポットに、急須、湯呑みとグラスが5個ずつありました。

TJK箱根の森急須グラス

今回泊まるのは3人だけど、5人部屋だから5人分用意してあるのかな?

テレビの横のクローゼット。

TJK箱根の森クローゼット

中には、女性用の浴衣が3枚と、男性用の浴衣が2枚。

2泊なのでバスタオルがひとり2枚(計6枚)とTJKと書いた青い袋に入ったフェイスタオルが3枚。

セーフティーボックスもありました。

部屋のお風呂はひのき風呂です。

TJK箱根の森ヒノキ風呂

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープは資生堂のもの。

TJK箱根の森シャンプーコンディショナーボディーソープ

洗面所

TJK箱根の森洗面所

マイナスイオンのドライヤーと泡タイプのフェイスソープ、歯ブラシと麺棒がありました。

写真撮り忘れましたが、トイレはウォシュレット付きで近づくと自動で蓋が開くタイプのとてもきれいなトイレでした。

スポンサーリンク

階段を上がり2階に…

TJK箱根の森客室階段

ベッドが2台

TJK箱根の森客室ロフト

ベッドの向いにはカウンターが

TJK箱根の森客室ロフトカウンター

ベッド横にはドレッサー代わり?の机もあります。

TJK箱根の森客室2階机

ベッドに横になって撮った天井…

TJK箱根の森客室天井

2階にはテレビはないのですが、1階2階それぞれにエアコンがあり、温度もそれぞれ設定できるので、とても快適に過ごすことができました。

TJK保養所の中で、一番人気の「TJK箱根の森」。実際に宿泊して、人気の秘密を探ってきました!予約方法からお部屋、温泉などの施設、食事内容までまとめて紹介します。

まとめ

噂通り、保養所とは思えないレベルの広くてきれいなお部屋にびっくりでした。

風呂付きタイプのお部屋は、大浴場が遠いのが難点なのですが、その分広いお部屋に同じ値段で泊まれるので競争率が高いのも納得です。

違うタイプのお部屋にも泊まってみたくなりました。

機会があればまた利用したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする