神楽坂おすすめグルメ♪翔山亭「黒毛和牛贅沢重」神楽坂本店

この日は仕事後に予定があったため、その前に一人でさくっとディナー。

ひさしぶりに神楽坂にある翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店へ(2018年5月下旬)。

このお店は以前テレビで紹介されていたのをきっかけに来店し、約1年ぶり3回目の来店になります。

カウンターのみの静かなお店です。

あんまり長居できる感じではないです。

場所

・JR中央線 飯田橋駅から徒歩5分

・東京メトロ南北線 飯田橋駅B4aから徒歩3分

・東京メトロ 東西線 神楽坂駅から徒歩12分

JR飯田橋駅から行ったのですが、10分くらいかかりました。

メニュー

黒毛和牛贅沢重専門店なので、メニューは「黒毛和牛贅沢重」のみ

松・竹・梅とあるのですが…、さらに贅沢な「贅の極み重」というメニューが増えていました。

6,000円Σ(゚д゚;)

シャトーブリアン・サーロインが乗っているようですね。

これはかなり贅沢な牛丼です…。

・梅(1,000円)…しぐれ煮とローストビーフ

・竹(1,480円)…サーロインとしぐれ煮とローストビーフ+炙り握り一貫

・松(1,980円)…ヒレとサーロインとしぐれ煮とローストビーフ+焼きしぐれ味噌・炙り握り一貫

値段が上がるにつれ、のっているものと突出しも増えていきます。

でもすべてが黒毛和牛で冷凍したお肉は使っていないというところにこだわりを感じます。

頼んだものは…

この日頼んだのは、竹(1,480円)です。

この日というか…、結局いつもこの竹を頼んじゃうんですよね笑

せっかくきたので、梅だとちょっと物足りないというか、握り寿司も食べたいしサーロインも…、でも松ほどがんばれない…。

いつも次こそは松を食べようと思うんですけどね。

真ん中の竹がちょうどいいんです。

まず運ばれてきたのが…

ごぼう茶・お漬物・突出しの炙り握り一貫・黄身だれ

炙り握りはひとまわり小さめの握り寿司って感じかな。

お肉がやわらかいので、口の中に入れるとあっという間になくなっちゃいました。

そして、メインが到着。

蓋を開けると…、

ん~、おいしそう^^

ローストビーフは3枚のってます。

今まで3回食べたことありますが、なんか微妙に毎回ローストビーフの感じが違う気がします。

今回はちょっと厚め?のような…。

サーロインはやわらかくて、やっぱり竹にしてよかったと思いました。

しぐれ煮は味がしっかりとついていておいしい。

☆ちなみにこれは2回目に来店したときの写真です。

今回のよりローストビーフがちょっとレアっぽいですよね。

☆これは初来店の時の写真です。

ローストビーフが薄めな感じがしますよね。

スポンサーリンク

この贅沢重、食べ方がいろいろとありまして…

まずそのまま、次に黄身だれをつけて、そして最後はお茶漬けにできるんです!

カウンターの上にはお茶漬けにするためのトッピングとおだしが置いてあります。

取り椀も用意されているので、最後じゃなくても、途中で取り分けてお茶漬けを楽しむことができます。

わさび、胡麻の素、刻み海苔を乗せて、出汁をかければ…

アツアツのお茶漬けの出来上がりです。

……、お茶漬けの写真撮り忘れました笑

まとめ

牛丼と考えるとちょっと高いかもしれませんが、黒毛和牛の贅沢重がこのお値段で食べれるのはお得だと思います。

定期的に訪れたいお店のひとつです。

お隣には、同じ系列のハンバーグのお店もあるので、そっちにも行ってみたいです。

「黒毛和牛贅沢重専門店」は今まで神楽坂店だけでしたが、最近新宿店もできたようなので、行きやすくなりますね。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする