ホテルオークラ東京ベイ「シニアスイートルーム」宿泊記 TDRオフィシャルホテル

ホテルオークラ東京ベイ「シニアスイートルーム」に宿泊してきました(2019年4月下旬)。

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルの中で一番お気に入りホテルです。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート

ホテルでチェックイン

この日は朝から東京ディズニーランドへ遊びに行き、その後21:00過ぎにホテルでチェックインしました。

いつもパークに行ってから泊まる場合は、パークに入園する前に舞浜駅のウエルカムセンターにて“チェックイン手続き&荷物を預ける”のですが、オークラさんのカウンターだけ列ができていたので、あきらめて夜ホテルで直接チェックインすることにしました。

以前ウエルカムセンターで1時間ほど並んだ経験があり、時間を無駄にしてしまい後悔したことがあるからです。

チェックイン手続きではなく荷物だけ預かってもらおうとも思ったのですが、その日は荷物を預けるだけでも列に並ぶように言われてしまったため、お金はかかりましたが荷物はコインロッカーに入れました。

21:00過ぎという遅い時間のチェックインははじめてでしたが、ちょうど直前にキャンセルがでたとのことで、喫煙ルームでもよければもうこの時間なので…と、なんと!シニアスイートルームにアップグレードしていただけることになりました。

実は2月に宿泊した際にも、一番ランクの低いスーペリアルームの予約だったにもかかわらず喫煙ルームでもよければとエグゼクティブルームにアップグレードしていただいたばかりでした。

■エグゼクティブルームの宿泊記はこちらから↓

ホテルオークラ東京ベイの「エグゼクティブルーム」に宿泊してきました(2019年2月上旬)。スーペリア・デラックス・エグゼクティブルーム、3タイプの客室比較をしてみました。

たばこは吸わないので本来ならば禁煙ルーム希望なのですが、前回喫煙ルームでもたばこの匂いは気にならなかったのと、スイートルームに泊まれることなんてめったにない機会なのでお願いすることにしました。

シニアスイートルーム(11階)

今回宿泊したのは、最上階11階にあるシニアスイートルーム(喫煙可)のお部屋です。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート11階

喫煙可のお部屋ですが、タバコの匂いは全く気になりませんでした。

ホテルのホームページにお部屋の見取り図が載っていましたが、今回泊まったお部屋とは若干異なる配置になっていました。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート見取り図

お部屋に入って左手には食器類・クローゼット・ひとつめのバスルームがあります。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート入ったところ

左に曲がったところ、右奥がクローゼット・左がひとつめのバスルームです。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート廊下左手

食器類・ネスプレッソ・ポットなど。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートネスプレッソ

ネスプレッソはリストレット・デカフェ、ローマ、ヴィヴァルト・ルンゴの3種類です。

オークラ東京ベイのスタンダートな客室には無料のコーヒーがないので、ネスプレッソがあるのは嬉しかったです。

下にあった冷蔵庫の中身です。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート冷蔵庫の中身

スイートルームの冷蔵庫の中身は通常は無料のようですが、今回はアップグレードなので有料です。

お値段の書いた紙が上に置いてありました。

クローゼットの中身です。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートクローゼットの中身

シューズドライヤー・体重計・使い捨てのスリッパ・踏み台・パジャマなど。

左奥に消臭スプレーもありました。

パジャマはセパレートタイプでした。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートパジャマ

ちなみにエグゼクティブ・デラックス・スーペリアルームのパジャマはワンピースタイプのものでした。

ひとつめのバスルームです。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート洗面ひとつめ

シニアスイートルームにはバスルームがふたつあり、どちらにも洗面とトイレはあるのですが、片方にはバスタブのみ、もう片方にはシャワーブースのみと変わったつくりになっていました。

こちらにはバスタブのみがあります。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートバスタブのみ

ホテルオークラ東京ベイのバスルームは大理石でできており、一番ランクの低いスーペリアルームでも広いのが特徴だと思うのですが、このシニアスイートはバスルームが2つある分、ひとつひとつが狭くなっています。

歯ブラシなどのアメニティはバスタブのみのほうに多く置いてありました。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートアメニティ

備え付けのドライヤーとシャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ボディミルク・石鹸。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートクラランス

こちらにはCLARINESというフランスのメーカーのものが置いてありました。

洗面台左側にはトイレです。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートトイレ

メインのお部屋へ。

スイートルームですが、2部屋には分かれていません。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート全体

窓際には加湿空気清浄器が置いてありました。

ベッドの左側にふたつめのバスルームがあります。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートバスルームふたつめ

バスルームへの扉を開けてすぐにトイレがあります…。

部屋にトイレが2つあるのは便利といえば便利なのですが、こちらのトイレはベッドとの距離が近すぎて使いにくく…、一度も利用しませんでした。

洗面台はこちらのほうが若干広めです。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート洗面ふたつめ

歯ブラシなどのアメニティはもうひとつのほうに置いてあるので、こちらには石鹸とシャンプー類・タオル類しかありません。

が、こちらにはドライヤーがもうひとつ置いてありました。

備え付けのドライヤーもあるので、全部で部屋に3つドライヤーがあることになります…。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート資生堂Aroma

こちらには資生堂のAromaというシリーズのシャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ボディミルクが置いてありました。

こちらにはバスタブはなく、シャワーブースのみがあります。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートシャワーブースのみ

タオルは両方に置いてありますが今治のもので、ふかふかでした。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート今治タオル

結局、バスタブのみがあるほうでお風呂に入り、こちらのバスルームはドライヤーの時のみ使いました。

スポンサーリンク


ベッドは2台くっついているハリウッドツインタイプ。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートベッド

向かって左側のベッドサイドに空調・ライトのスイッチがついた時計が置いてあります。

ちなみに枕元にコンセントはありません。

コンセントの点では、一番スーペリアルームが便利でした。

■スーペリアルームの宿泊記はこちらから↓

東京ディズニーランドで遊んだあとは、ホテルオークラ東京ベイの昨年2月にリニューアルされた「スーペリアルーム」に宿泊(2018年4月中旬)。前回も書きましたが、ホテルオークラ東京ベイは東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルの中で一番のお気に入りホテルです^^

カウチソファの横にはフットマッサージ機も置いてありました。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートフットマッサージ機

テーブルの上にはカーネーション、生のお花があるとなんか嬉しいです。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートカーネーションと灰皿

喫煙可のお部屋なので灰皿がありましたが、もちろん使いませんでした。

オットマン付きのソファもあるので、別々のソファでくつろぐことができます。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートソファ

テレビの下にはDVDプレイヤー、引き出しの中にはバスロープが。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイートバスロープ

DVDプレイヤーなのでブルーレイは見れません。

ホテルオークラ東京ベイでは今のところブルーレイディスクは見れません。

夜のお部屋からの眺めです。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート部屋からの眺め夜

ディズニーランド側のお部屋なので、正面にはリゾートラインのベイサイドステーションが、その奥にはライトアップされたスペースマウンテンやディズニーランドホテルが見えました。

翌朝の部屋からの眺めです。

ホテルオークラ東京ベイシニアスイート部屋からの眺め昼

夜より少し右寄りに撮ってみました。

正面奥にシンデレラ城が見えます。

ルームサービスを頼んでみた

せっかくスイートルームに泊まったので、チェックアウトの12:00までお部屋でのんびり過ごすことに。

チェックイン前にコンビニで朝食を購入済だったため、ルームサービスで単品メニューを頼んでみました。

ホテルオークラ東京ベイルームサービスメニューアラカルト

ホテルの内線って電話をかけると、「〇〇様、どうされましたか?」という感じで名前を言われるところが多いと思うのですが、オークラさんは連携していないのか部屋番号と名前を聞かれました笑。

注文後20分~30分ほどかかるとのことでしたが、10分くらいでお部屋に運ばれてきました。

ちなみに、ワゴンではなくトレイで持ってきてくれるので、テーブルの上は片しておいたほうがいいです。

ホットケーキ 930円(税・サービス料込)

ホテルオークラ東京ベイルームサービスホットケーキ

ホットケーキ・ワッフル・フレンチトーストは同じお値段です。

コーヒーはお部屋にあったネスプレッソをいれてみました。

フレンチトーストは以前食べたことがあったので、ホットケーキにしてみました。

少し小さめ・薄めのホットケーキが4枚でした。

たぶんこれ…、朝食バイキングで出してるものと同じものだと思います。

スポンサーリンク

4枚重ねてバターを乗せて、メープルシロップをかけていただきました!

ホテルオークラ東京ベイルームサービスホットケーキ重ねた

ちょっと塩気がある感じでホットケーキというより、パンケーキ?っぽいかなと思いました。

可もなく不可もなくという感じで、できればもう少し特別感が欲しいというか…、フレンチトーストの時も思ったのですが朝食バイキングと同じものってのがなんかちょっと残念な感じがしてしまうんですよね。

フレンチトースト 930円(税・サービス料込)

ホテルオークラ東京ベイルームサービスフレンチトースト

こちらは友人が頼んだものです。

以前頼んだ時と同じ、おそらく朝食バイキングのと同じフレンチトーストだと思われます。

やっぱりオークラのフレンチトーストといえば、分厚い厚焼きたまごみたいな見ためのフレンチトーストだと思っているので、値段が高くなってもいいからそっちのフレンチトーストもメニューに加えて欲しいなと思います…。

■以前フレンチトーストを頼んだ時↓

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル「ホテルオークラ東京ベイ」のデラックスルームに1泊してきました。オフィシャルホテルの中では1番お気に入りのホテルです。

まとめ

今回はシニアスイートルームに宿泊することができてとても嬉しかったです( ´艸`)

でも、自腹でこのお部屋に泊まるかと言われたら正直スーペリアルームで十分かなと思います。

スーペリアルームでもお部屋は広いですし、バスルームも広いので…。

バスルームがふたつに分かれているのがとにかく使いづらかったです。

トイレと洗面がふたつあるのは便利ですが、バスタブとシャワーブースが同じところにないのと、アメニティはこっちだけどドライヤーはこっち…というのが中途半端な感じがしてしまいました。

バスルームがひとつのスイートルームもあるようなので、機会があれば別タイプのスイートルームにも宿泊してみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする